• 『おもいでのプロジェクションマッピング』感染予防対策

    ■入口での対応

    • 感染防止のための入場者の整理(入場時に密にならないように指示)を行う。 
    • 入口にて、サーモグラフィでの体温チェック(機械に対応できない場合は非接触体温計に て実施)を行う。
    • 手指の消毒設備を設置する。

    ■施設内の感染予防対策

    • 手指の消毒設備を設置する。 
    • 施設の換気(きらりホールにて換気システムを導入済)をする。 
    • 施設の消毒 (清掃会社が利用者毎に清掃、消毒実施)をする。 
    • 他人と共用する物品や手が頻回に触れる箇所を工夫して最低限にする 
    • 複数の人の手が触れる場所を適宜消毒する。

    ■参加者及び関係者に対する感染予防対策

    • 手洗いや手指消毒を徹底する。 ※体に触れる場合は、手洗いをよりこまめにするなど により接触感染対策を行う。(手袋は医療機関でなければ特に必要はなく、こまめな手洗い を主とするとの指導あり) 
    • 参加者及び関係者のマスク着用を徹底する。マスクを持参していない者がいた場合は、 入口でマスクを配布し、着用率 100%を担保する。(入場者に対する周知も行う) 
    • 参加者が会話をする際は可能な限り真正面に向き合うことを避けるよう呼びかける。 
    • 会場における握手等の交流を極力控えるよう呼びかける。 
    • 対人距離を確保するよう呼びかける。

    ■運営、演出などによる感染予防対策

    • ステージ上でのマイクパフォーマンスを避け、影アナウンスで対応する。マイクは、使用の都度、消毒又は交換を行う。

    • 会議は必要な場合を除いて、Web会議 で行うことを基本とする。(対面の会議であっても体 調不良者がいた場合は、Web会議 や後日内容をシェアするなどで対応し、無理しないよう呼 びかける)

    • 不特定多数を避けるため会場をきらりホールとし、人数の制限、参加者の管理を行う。

    • 参加者が触れ合ったり、大きな声援を出すような演出はせず、行わないよう呼びかける

    ■症状のある方の入場制限

    • 関係者や来場者に発熱感冒症状がある場合、迅速かつ適切な対応を行う。

    • 発熱や咳・咽頭痛などの症状が少しでもある人は入場しないよう呼びかける。

    • 状況によっては、発熱者をサーモグラフィや非接触体温計などで特定し入場を制限す る。

    • 万が一感染が発生した場合に備え、個人情報の取扱に十分注意しながら、入場者等の名 簿を適正に管理する。(1 か月実行委員にて管理後、削除致します)

    ■トイレ

    • 清掃会社、きらりによる感染防止対策を実施しております。

    ■休憩スペース

    • 一度に休憩する人数を減らし、対面で食事や会話をしないようにする。

    • 休憩スペースは、ドアを開けておくなど常時換気することに努める。

    • 共有する物品(テーブル、いす等)は、定期的に消毒する。

    • 関係者が使用する際は、入退室の前後に手洗いをする。

    ■ゴミの廃棄

    • 鼻水、唾液などが付いたごみは、ビニール袋に入れて密閉して縛る

    • ゴミを回収する人は、マスクや手袋を着用する。

    • マスクや手袋を脱いだ後は、必ず石鹸と流水で手を洗う。

    上記のほか、行政により出されている感染拡大防止のためのガイドラインやイベント開催 に則した感染防止策を徹底する。